Google+ Badge

2014年4月6日日曜日

ごあいさつ Preface

福音は新約聖書で証されたイエス・キリストの教えです。この世で唯一の神のロゴスであり、完全無欠の真実です。万物の創造主たる神の永遠かつ無限の恵みと愛が示されています。福音は神から人類に啓示された契約であり、福音を受け入れることで人は神と結ばれます。
しかし、聖書にはイエス・キリストの語りと行いのすべてが記されているわけではありません。特に福音そのものの核心があえて隠されています。イエス・キリストは教えを民衆にはわかりやすいたとえ話で説き、使徒たちには難しい論理で説きました。ところが、使徒たちは教わった福音の論理をほとんど書き記していません。


こうして、このような多くのたとえで、イエスは人々の聞く力に応じてみ言葉を話した。
しかし、たとえによらないで人々に話すことはなかったが、弟子たちとだけでいるときは弟子たちにすべての事柄を解き明かした。
(マルコ伝 4:33-34)

おまえたちに言葉と知恵を与えよう。いかなる反対者も否定しえず、反論しえまい。
(ルカ伝 21:15)

使徒たちはイエス・キリストの教えをなぜすべて書き記さなかったのでしょうか。それはイエス・キリストの説明がとても冷静でかならずしも熱狂的ではなかったからです。布教には思弁的な説教より預言的な雄弁が有効です。イエス・キリストの教えを正確に書き記せば、信者に不信と無理解を生じさせかねないと使徒たちは危惧しました。
使徒たちの努力によりキリスト教は広まりましたが、時代を経るにつれ、福音について誤解も生じました。福音について語るとき、日常の言葉ではどうしても解釈が乱れます。教義のゆがみが邪悪な異端や悪魔的な教会や狂信的なカルトを育む温床にもなっています。この問題を解決しなければ、福音をすべての民族のあらゆる人々に教えることはできず、イエス・キリストの期待には応えられません。


そして、イエスは来て使徒たちにこう言った。「天においても地においても、すべての力がわたしに与えられている。
だから、おまえたち、さあ行ってすべての民族を教え、父と子と聖霊の御名において洗礼を施せ。
わたしがおまえたちに命じたありとあらゆる事柄を守るように教えよ。ほら、わたしはいつもおまえたちとともにある。世の終わりの時までも」と。
(マタイ伝 28:18-20)

しかし、今日、新しい舌である数理論理学が福音の核心を正確に叙述することを可能にしました。福音学は福音の論理的な体系を解き明かし後の世代を正しく導くために開発されました。福音学によってはじめて福音が無矛盾で完備な体系であることを証明することができます。福音学だけが神学的な問題を論理学的に証明することができます。「神は存在するのか」、「父と子と聖霊の三位一体とは何なのか」、「終末はなぜ来るのか」などの問題を立証することができます。


イエスはピリポにこう言った。「わたしだけが道であり真であり命だ。わたしを通らなければだれも父のもとには行かない。
もし、わたしを知ったならすでに父も知っているはずだ。もうこれからはおまえは父を知っているし、父に会っているのだ」と。
ピリポはイェズスに言った。「主よ、父を見せてくれたら満足します」と。
イェズスはピリポに言った。「ピリポ、こんなに長く一緒にいるのにまだわたしを知らないのか。わたしに会った者は父に会ったのだ。どうして父を見せてくれなんて言うのだ」と。
(ヨハネ伝 14:6-9)

朝まだき 何やらすごき もの覚めん 世を改めん 聖夜…アーメン

救世主はすべてを新しくします。福音学は父と子と聖霊の聖なる三位一体を否定しようとするあらゆる敵を切り倒す最終の刀となるでしょう。福音学は全知全能にして慈悲深き主イエス・キリストの汚れなき王道を照らす最強の松明となるでしょう。


されば見よ、わたしは新たなる天と新たなる地を創造する。かつてのことは思い出されず、心に上ることもない。
(イザヤ書 65:17)


The Gospel is the teachings of Jesus Christ proved by the New Testament. In this world, it is the only one logos of God and is absolutely perfect truth. Eternal and infinite grace and love of God the Creator of everything is shown. The Gospel is the Covenant revealed to human beings by God, whom people will connect to accepting the Gospel.
But, all Jesus Christ spoke and did are not written in the Bible. Especially the core of the Evangel itself is hidden intentionally. Jesus Christ taught people with intelligible parables, and taught the apostles in difficult logic. However, the apostles have not written down most evangelic logic which they learned.


And with many such parables spake he the word unto them, as they were able to hear it.
But without a parable spake he not unto them: and when they were alone, he expounded all things to his disciples.
(The Gospel According to Saint Mark 4:33-34)


For I will give you a mouth and wisdom, which all your adversaries shall not be able to gainsay nor resist.
(The Gospel According to Saint Luke 21:15)

Why didn't the apostles write down all the instructions of Jesus Christ? That is because Jesus Christ's explanation was so calm and was not necessarily enthusiastic. Prophetic eloquence is more effective for propagation than speculative sermon. the apostles felt apprehensive that the believers might get distrustful with no understanding if they write down the instructions of Jesus Christ correctly.
Although Christianity spread by efforts of the apostles, misunderstandings were also made about the Gospel as the generations passed. When telling about the Evangel, casual words surely confuse the interpretations. Distortion of the doctrine is also a hotbed which grows evil heresies, Satanic churches and fanatic cults. If this problem is not solved, the Gospel cannot be taught to all people of all nations, and Jesus Christ's expectation cannot be filled.


And Jesus came and spake unto them, saying, All power is given unto me in heaven and in earth.
Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost:
Teaching them to observe all things whatsoever I have commanded you: and, lo, I am with you alway, even unto the end of the world.
(The Gospel According to Saint Matthew 28:18-20)

However, today mathematical logic which is a new tongue enabled to describe the core of the Evangel exactly. Evangelology was developed in order to explain the logical system of the Gospel and to lead next generations correctly. Only evangelology is able to prove that the Gospel is a consistent and complete system. Only evangelology is able to prove theological problems logically. It is able to prove the problems like "whether God exists", "what the Trinity of the Father, the Son and the Holy Spirit is", "why the End is to come".


Jesus saith unto him, I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me.
If ye had known me, ye should have known my Father also: and from henceforth ye know him, and have seen him.
Philip saith unto him, Lord, shew us the Father, and it sufficeth us.
Jesus saith unto him, Have I been so long time with you, and yet hast thou not known me, Philip? he that hath seen me hath seen the Father; and how sayest thou then, Shew us the Father?
(The Gospel According to Saint John 14:6-9)

Before morning, something splendid awakes.It regenerates the world. Holy night...Amen.

The Savior makes all new. Evangelology will be the final sword to cut down all the enemies that want to deny the Holy Trinity of the Father, the Son and the Holy Spirit. Evangelology will be the strongest torch to light the royal road of Jesus Christ the merciful Lord who is omniscient and omnipotent.


For, behold, I create new heavens and a new earth: and the former shall not be remembered, nor come into mind.
(The Book of the Prophet Isaiah 65:17)