Translate

2014年4月12日土曜日

福音的な食事 Evangelic Meal

キリストは外から入るもので人を汚すものはないと言った。
また、キリストは大食は罪だと言った。
つまり、キリスト教徒はほどほどになら何を食べてもいいことになる。
しかし、腐った物や汚れた物を食べると健康を損なってしまう。
キリストがそのような物まで食べてよいと言うはずがない。
しかし、人に入る物は食べ物だけではない。
現代人はさまざまな薬品や添加物を日常的に摂取している。
また、精神に重大な影響を与える薬物も大量に流通している。
これは福音的にどうなのか。

キリストは口から入るものは人を汚さないと言った。
口から入るものは人を汚さない。
(マタイ伝 15:11)
じゃあ、何でも好きなだけ飲み食いしていいってことかっつうと、もちろんそんなことはない。
キリストは大食をいさめているし、毒を食えなどと言うはずがない。
キリストはユダヤ教徒の形式主義的な信仰を批判したのだ。
ユダヤ教にはコーシャーという料理や食事に関する細かい決まりがある。
代表的なのが「豚を食べるな」や「ひれやうろこのない海の幸を食べるな」とゆうもの。
ユダヤ人はチャーシューやタコヤキを食べれない。
そういった細則にこだわることを信仰だと誤解するなってこった。
キリストの言動を読めば常に欲望を適切に抑制しながら生活するのをよしとしているのがよくわかろう。

「先生、人が生きるうえで物を食わないわけにはいきません。でも、どーせ食べるなら、キリスト教徒としては、少しでも信仰に忠実に食べたいです。 福音的なレシピってあるんでしょうか」
「神がすべての物を清めたので、特に反福音的な食べ物はないな。ユダヤのコシェルのような戒律はない。でも、信仰の助けにするって意味なら、ないこともない」
「ぜひ教えてください」
「どーしよっかなー」
「そんな意地悪しないで、教えてくださいよ」
「ま、そんなに言うなら、いいじゃろ。キリストが食べたものは、キリストを思い出して信仰心を深めるのに役立つ。たとえば、木曜日の夕食には種なしパンと赤ワインと子羊のローストにするとか。 日曜日の朝食にはハチミツと魚を食べるとか。でも、大事なのは、食事のときの神への感謝と祈りじゃ。 声に出す必要はないが、心では祈らにゃいかん。 声に出しても、心がこもってなきゃ、主には届かん」
「毎週イースターですね。 金曜日と土曜日には断食しなきゃいけないんでしょうか」
「普段はしなくていいよ。でも、たまには断食もいいぞ。 特に女性には週に1回の規則的な断食がお勧めじゃ」
「つーと、美容にいいんですか」
「文明人の生命力は、ストレスで痛んどる。 断食すると、本来の治癒力が回復するんじゃ。 赤ちゃん肌がプルプル再生してびっくり…かもな」
「でも、先生、いったいどーゆーメカニズムで若返るんですか」
「そんなのは、学者が研究してりゃいいんじゃっ。 金もかかんないし、だまされたつもりでやってみなさい。 理屈より実行じゃ」
「つまり、心だけじゃなく体もきれいになるってことか。 早速カノジョにも勧めてみます。 最近アイツちょっと顔がむくんでるんだよなー」
そして、イエスは、すべての群集を呼び集めてこう語った。
「みなの者、わたしの言うことを聞いて悟るがいい。
人の外から来て内に入るものは、人を汚すことはない。
だが、人の内から出るものは、人を汚す。
聞く耳ある者は、聞くがいい」と。
そして、イエスが群集を離れて家に入ると、弟子たちが喩えについて尋ねた。
すると、イエスは、彼らにこう言った。
「おまえたちも分からないのか。
外から来て人に入るものが人を汚すことなどありえない。
なぜなら、そんなものは、人の心には入らず、腹に入って下水に出て行ってしまう。
あらゆる食べ物が清められているからだ。まだ分からないか」と。
イエスは、さらにこう言った。
「人の内から出て来るものが人を汚す。
というのは、人の内、人の心から流れ出て来るものは、邪悪な思想、不貞、不義、殺人、
盗み、強欲、意地悪、欺き、好色、悪しき目、冒涜、高慢、愚かさだ。
これらの邪悪なものは、みな内から来て人を汚す」と。(マルコ 7:14-23)

Jesus Christ said, there is nothing which defiles men entering from the outside.
In addition, Christ said, gluttony is a sin.
In other words Christians may eat everything moderately.
However, It spoils health to eat rotten things and dirty things.
Christ must not have said such a thing.
And there are other things which come in men but food.
The modern people take in various medicines and additives daily.
A lot of drugs which have serious influences on mind are in the world.
How about this for the Gospel?

Jesus says, anything that a man take into the mouth cannot defile himself.
Not that which goeth into the mouth defileth a man;
(The gospel of Matthew 15:11)
Then He says whatever and however we can eat and drink anything we like, doesn't He?
Of course not at all.
Christ remonstrates about gluttony, and cannot tell to eat poison.
Christ criticized the formalistic faith of Jews.
Judaism has the small rules about cocking and dining called kosher.
Representative one is "Do not eat a pig", and "Do not eat sea animals without scales and fins".
Then Jews cannot eat roasted pork and takoyaki.
Christ says, do not misunderstand getting particular about such detailed rules with keeping faith.
You can see of Christ's acts and words that He thinks we had better live always restraining desires appropriately.

"Master, we humans cannot but eat to live. But if we have to do so, we wanna eat more faithfully as a Christian. Is there any evangelic recipe?"
"Since God purified all the things, there is no anti-evangelic food in particular. There is no rule like kosher of Judaism. But if it is meaning as making help of faith, there is not nothing."
"Please let me know."
"Hooow shaaall I dooo?"
"Please teach me without treating so unfairly!"
"Well, if you say so much, allright. What Jesus Christ ate is useful to remember Him and to deepen faith. For example we take roasted lamb, unleavened bread, and red wine for Thursday supper. On Sunday breakfast we eat honey and fish. But important is appreciation and prayer to God at meals. Although it's not necessary to make voice, it's necessary to pray in heart. Even if you take out to voice wihtout soul, it shalln't reach the Lord."
"It is Easter every week. Do we have to fast Fridays and Saturdays?"
"You do not have to carry out usually. But to fast sometimes is also better. Especially for women, to fast regularly once per week is to be recommended."
"So you say, it's good for beauty, don't you?"
"Vitality of civilized people is damaged by stress. When we fast, original curing power is to be taken back. Regeneration of baby skin may pull us into surprise."
"Master, what on earth mechanism makes us younger again?"
"That's business of researchers. Trust me and do it, 'cause you need no money! Not reason but action."
"That is, we can keep not only soul but body pure? I'll push it to my girlfriend so soon. She's got her face puffed a little recently."
And when he had called all the people unto him, he said unto them,
Hearken unto me every one of you, and understand:
There is nothing from without a man, that entering into him can defile him:
but the things which come out of him, those are they that defile the man.
If any man have ears to hear, let him hear.
And when he was entered into the house from the people, his disciples asked him concerning the parable.
And he saith unto them,
Are ye so without understanding also?
Do ye not perceive, that whatsoever thing from without entereth into the man, it cannot defile him;
Because it entereth not into his heart, but into the belly,
and goeth out into the draught, purging all meats?
And he said,
That which cometh out of the man, that defileth the man.
For from within, out of the heart of men, proceed evil thoughts, adulteries, fornications, murders,
Thefts, covetousness, wickedness, deceit, lasciviousness, an evil eye, blasphemy, pride, foolishness:
All these evil things come from within, and defile the man. (MAR 7:14-23)