Translate

2014年4月13日日曜日

小鳥の恩返し A Bird Returns Kind

昔貧しい村があった。
村人は日々の食べ物にも事欠いていた。
村に一人の青年がいた。
ある日青年は家の前で一羽の小鳥を見つけた。
小鳥はけがをして飛べなかった。
青年は小鳥を食べようと思った。
しかしかわいそうになってやめた。
青年は小鳥にわずかな食べ物を与えて介抱した。
やがて冬が終わり春になった。
小鳥はすっかり元気になった。
青年は小鳥を窓辺に置いた。
小鳥は青年をじっと見つめてからどこへともなく飛び去った。
それからしばらくしたある日青年は鳥のさえずりで目が覚めた。
窓辺にあの小鳥がいた。
小鳥は小さな黒い種をくわえて差し出した。
青年が種を受け取ると小鳥はじっと青年を見つめてから空へと舞い上がった。
青年はその種を庭にまいた。
種は芽を出し立派な木に育った。
秋になると木はたくさんの実をつけた。
実から多くの種が取れた。
青年は畑に多くの種をまいた。
種はすべて芽を出した。
秋には食べ切れないほどの実がなった。
村人はみな冬にも食べ物に困らなかった。
次の年は村人も食べ切れないほど実がなった。
村人は実を町で売った。
こうしてその村はほどなく国で最も豊かな村になったとさ。

Once upon a time there was a poor village.
The village people lacked daily food.
A young man lived in the village.
One day he found a little bird in front of his house.
The bird was too hurt to fly.
The young man intended to eat it.
However, he felt sorry and stopped it.
He gave a little food to the bird and nursed it.
Winter was over, and then spring has come.
The bird became really fine.
The young man put it in the window.
It flew away somewhere after it stared at him.
Some days went, and the young man woke up by a birdsong.
He saw that bird in a window.
It held a small black seed up with its mouth.
He took it, the bird flew up into the sky after it stared at him.
He sowed the seed in the garden.
It took out a bud, and grew up into a tree.
In autumn the tree produced many fruits.
Lots of seeds were taken from the fruits.
The young man sowed the seeds in the field.
All the seeds took out a bud.
A pound of fruits as he could not eat was taken in autumn.
All the villagers did not lack food in winter.
In the next year there was so many fruits as the villagers could not eat.
The villagers sold fruits in a town.
It became the richest village soon in this way in a country.