Translate

2014年4月14日月曜日

福音的なレシピ3 - ピクルス

甘酸っぱいピクルスは恋の味、家庭円満の秘訣。
古来からヨーロッパでそう語られてきたかどうかはともかく、ピクルスは脂っこい肉や魚の付け合せに欠かせない。
ピクルスの入っていないサンドイッチやホットドックなんて…。


準備するもの
1. ガラス瓶 (コーヒーの空き瓶などでよい。)
2. 塩 (にがりのある天然塩なら、ミネラル補給もできる。)
3. 砂糖
4. 酢 (リンゴ酢などの果実酢。)
5. スパイス
 1)赤唐辛子 (鷹の爪)
 2)黒コショウ(実)
 3)ニンニク(実)
 4)(4)ローレル(葉)
 5)その他 (ロ-ズマリーなど)
6. キュウリ(新鮮でみずみずしいものより細くて干からびたもののほうが適する。)


作り方
1. キュウリを軽くスポンジで水洗いし、水を切って両端を5ミリほど切り落とし、ビニール袋に入れ、塩(大さじ1)を振りかけてくるくるもみもみし、冷蔵庫に置いておく。
2. 2-3時間、聖書を読んだり、ウンコしたり、ゲームやテレビや音楽やエクササイズやなんやら、とにかく時間をつぶす。ウンコの量は問わない。
3. なべで湯を沸かす。
4. 冷蔵庫からキュウリを取り出し、ビニール袋に水を注いで洗い、3等分する。
5. ガラス瓶に砂糖(大さじ3)、塩(大さじ1)、スパイスを入れ、キュウリを交互に縦横に重ねながら詰める。
6. 湯をガラス瓶に半分まで注いだら、酢をいっぱいまで注ぎ、すぐにふたをして密封する。
7. 冷蔵庫にガラス瓶を入れる。
8. 2、3日してキュウリがオリーブ色になったら、出来上がり。


(注)漬け汁は煮立てて灰汁を取れば何回か再利用できる。
(注)砂糖と塩は好みで適当に調整する。
(注)砂糖の代わりにハチミツを使う人もいるようだが、やったことないので分からない。 溶かすのが大変そう。
(注)水の代わりに白ワインを使うのが本格的なようだが、やったことないので分からない。アルコール好きなら使ってくれ。
(注)ホワイトビネガーは使ったことないので分からない。 詳しければ、使ってくれ。
(注)スパイスに山椒、クローブなどもいいようだが、やったことないので分からない。 意欲があるなら研究してくれ。
(注)キュウリ以外の野菜、ダイコン、カブ、キャベツ、ニンジン、ナスなどでもできるらしいが、やったことないから分からない。きゅうり嫌いなら挑戦してくれ。